ダイエットに関わる「燃やす力」とは

私たちの体が太るのは、基礎代謝が落ちることが大きな原因になっています。基礎代謝とは、何もしていない、ジッとした状態でも消費するカロリーのこと。

食べ物で取り入れたカロリーと基礎代謝カロリーが同じくらいか、基礎代謝カロリーの方が多ければ、体重や体型を維持できるということになります。

日ごろ、運動をしている人は消費カロリーが多いので、摂取カロリーが多めでも問題ないのですが、運動不足の人は基礎代謝が消費カロリーの柱となるので基礎代謝が下がれば自然に太っていくのです。

エネルギーを燃焼させる力はダイエットに大きく関わります。日ごろから有酸素運動を習慣にするとか、規則正しい生活をして冷えを予防するとか、基礎代謝を下げないためにできることはたくさんありますよ。

燃焼しないから成功しないダイエット

基礎代謝を上げていくことは、じっとしていても自然にエネルギーが燃えてくれる状態を作るということですね。若い時には基礎代謝が高くても、年齢とともに下がっていくのは仕方のないことです。

同じものを食べていても太るようになったと感じたら、基礎代謝が下がっている目安になります。燃やさなければエネルギーの消費はありません。

日ごろから軽い運動をするなどして燃やしやすい体を作っておくことが大事なのです。ダイエットを成功させようと思えば、最初に基礎代謝を上げることを優先させましょう。

そのうえで、運動や低カロリーダイエットなどで消費カロリーと摂取カロリーのバランスを取っていけば自然に体重は落ちていくはずです。


***今日のヒトコト***
エネルギーを燃焼させる力はダイエットに大きくかかわります。同じものを食べても太るようになったら基礎代謝が下がっています。ダイエットをするなら基礎代謝をあげることを優先させましょう。