アルコール依存症の方はキレイモで脱毛することができるのか

キレイモで脱毛を行いたいと思った場合、飲酒をしてアルコールが体内に残ったままでは施術を行ってもらうことができません。

その理由として、2つのことがあります。1つ目は、アルコールが体内に残ったままだと、お肌の炎症が起こりやすいからです。

いくらお肌に負担の少ないマシンを導入しているとはいえ、脱毛をする際には照射をするのでお肌に負担がかかってしまいます。

2つ目は、キレイモは医療機関ではないからです。施術中に具合が悪くなったとしても、エステでは救急車を呼ぶくらいしか対処をすることができません。

アルコールを摂取した状態は、そうでない状態よりも、体調が悪くなりやすいので、飲酒した状態では施術を受けることができません。

アルコール依存症の方は断られてしまうのか

アルコール依存症だから断られてしまうというよりも、アルコールが体内に残っている状態では断られてしまうという方が正しいです。

しかし、アルコール依存症で飲酒をしないことが難しいという方は、断られてしまいます。


キレイモ

***今日のヒトコト***
アルコールが体内に残ったまま脱毛するとお肌の炎症が起こりやすいため施術はできません。キレイモは医療機関ではないので対処できませんし、アルコール依存症の方で飲酒しないことが難しい方は断られてしまいます。