薬物アレルギーと脱毛の関係

薬物アレルギーがある人はサロンでの施術を断られることがあります。

必ず何かのトラブルが起きるということではありませんが、サロンはリスク回避のために、薬物だけでなくその他のアレルギーがある人の施術も断ることが多くなっています。

アレルギーだけでなく、糖尿病や緑内障の疾患がある人は、服用する薬に光アレルギーを引き起こす物質が入っていますので、服薬している人は施術を受けられません。

この他にも、ケロイド体質の人、ペースメーカーを装着している人、てんかん、心疾患、血液疾患など断られてしまう病気や症状はいくつもあります。

自分が脱毛できるのかどうか心配であれば、一度かかりつけ医師に相談して施術を受けて良いかの許可をもらいましょう。そのうえでサロンでカウンセリングを受けて施術ができるかどうか判断してもらうしかありません。

銀座カラーの対応

銀座カラーは、一度来店した人からの紹介や口コミで人気がじわじわと高まってきている注目のサロンです。良心的で明確な料金設定と予約の取りやすさが人気の秘密です。

さて、アレルギーや持病についてですが、公式ホームページを見ると、「てんかん」の持病を持っている人の施術はできないとはっきりと書いてありました。

紫外線アレルギー、じんましん、アトピー性皮膚炎については皮膚の状態によっては施術ができないこともあると書かれています。

その他の疾患や症状については問い合わせをしてくださいと書いてありましたので、薬物アレルギーの人は一度相談してみましょう。症状によっては施術できる可能性もあります。


銀座カラー

***今日のヒトコト***
銀座カラーは紹介や口コミで人気のサロンですが薬物アレルギーや持病をお持ちの方は断られることがあります。脱毛できるのか心配であれば一度かかりつけ医師に相談してみましょう。